ナルトク!

「なるほど得した!」と思えるメディア

下町ロケットのロケ地、桜田経編(サクラダ)は福井経編興業だった!

      2015/11/24


2015年の秋ドラマ

下町ロケット

ドラマ後編では、スターダスト計画はすでに無事終了しており、次なるステージ、ガウディ計画が進められます。

その舞台として、福井県の企業が登場します。

6話に登場する、佃製作所のパートナー会社、「桜田経編」(サクラダの親会社)は、福井県にある“福井経編興業(株)”という会社なんです。

福井経編の読み方が分からない人も多いかもしれません。

「ふくいけいへん?」

私も最初、そうだと思いましたw

実はこれ、

「ふくいたてあみ」

って読みます。

経編(たてあみ)専門の繊維メーカーです。

場所は、福井県福井市西開発3丁目にあります。

下町ロケットのドラマ後編のガウディ計画では、佃製作所と桜田経編とその子会社、サクラダが共同で心臓の人工弁の研究開発に取り組みますが、この取り組み、現実に福井経編と大阪医大が共同して研究開発が行われています

福井経編興業は繊維メーカーですが、その中で培われた高い技術力を最先端医療に応用しようとしている、知る人ぞ知る優良メーカーなんです。

社員数は、約90名

佃製作所とよく似た、日本のモノづくりを支える中小企業です。

日本の最先端医療に関わる仕事をされているなんて、中小企業だからといって馬鹿にはできません

なぜ、福井経編興業がロケ地として選ばれたのか?

スポンサーリンク

下町ロケットの原作者である、池井戸潤さんは数年前に、福井経編興業を訪れたことがあるそうです

そこで、繊維技術を最先端医療に応用させる斬新な発想をしている福井経編興業に感銘を受け、と同時に下町ロケットの続編、「ガウディ計画」が案として頭に浮かんだそうです。

そして、「下町ロケット ~ガウディ計画~」も発行され、話題になりました。

2015年現在、下町ロケットはドラマ化されていますが、ドラマ後編ではガウディ計画編も実写化されます。

「それなら、原作のモデルとなった福井経編興業をドラマに出すべきではないか!」

というドラマ制作者の声が上がり、そこから福井経編興業をロケ地として選んだという結果が生まれたんだそうです。

福井経編興業(株)はドラマ「下町ロケット」を通じて、一気に日本中に名が知れ渡るかもしれません。これは企業としては大変うれしいことですね。

福井経編興業の代表取締役専務である高木さんはこうコメントされています。

「下町ロケットは企業の大小を問わず、日本のものづくりの誇りを見事に表現している。福井の繊維産業、ものづくり企業を盛り上げる契機になれば、うれしい」

引用:headlines.yahoo.co.jp

私も、下町ロケットを見ていて、モノづくりの熱さと奥深さを感じます。

「モノづくり大国 日本(にっぽん)」

を日本中の方が感じ取り、関心が集まれば、より世の中の人々がモノづくりのために貢献し、いいモノが出来上がるキッカケが生まれるかもしれません。

 - 下町ロケット

スポンサーリンク2

スポンサーリンク


スポンサーリンク3




ソーシャルボタン

殿堂入り記事+人気記事

殿堂入りベスト10!

  関連記事

下町ロケットでキャストの真野役をしている俳優!その経歴とは?

2015年の秋ドラマ、 下町ロケット その登場人物の中で、真野という男がいます。 …

no image
下町ロケットの出演者(キャスト)は?原作は?あらすじは?

下町ロケットが、ドラマ化される。 スタートは、10月18日の21時から。日曜日に …

no image
下町ロケット(ドラマ)1話のあらすじ&ネタバレ!阿部寛が主演

ドラマ、「下町ロケット」が、10月18日からスタートする。 主演は、阿部寛である …

阿部寛
下町ロケット(ドラマ)ロケ地(撮影場所)は?主演・阿部寛

下町ロケットがドラマ化される。 原作はこちら ↓ このドラマは、阿部寛が主演とし …

下町ロケット 小説
下町ロケット(ドラマ)の相関図【画像】キャスト(出演者)の役どころなど

  ドラマ、「下町ロケット」が2015年の10月18日よりスタートしま …