あさが来たのナレーションは?NHKの朝ドラに採用された女性 | ナルトク!

ナルトク!

「なるほど得した!」と思えるメディア

あさが来たのナレーションは?NHKの朝ドラに採用された女性

   


朝の連続テレビ小説、

あさが来た

が2015年の9月末から放送スタートしています。

視聴率も、22%程と好調な出だしです。私個人的に好きなドラマなので見ています。(・∀・)b

見ていて気になったのが、あの上品なナレーションの声を出している女性は誰なのか、ということです。

調べてみました。

すると、

杉浦圭子アナウンサー

というのが分かりました。

彼女についての情報をシェアしますね。

杉浦圭子

プロフィール

出身地:広島県広島市安佐南区八木

生年月日:1958年11月20日(56歳)

勤務局:NHK大阪放送局

最終学歴:早稲田大学第一文学部国文学科 卒業

引用:Wikipedia

彼女はこんなお顔をされています。

写真

とても愛嬌のあるお顔をされていますね♪

スポンサーリンク

彼女のナレーションは、かなり多くの人がしっくりきているようです。

Twitterで挙げられていた声を少しご紹介します。(・∀・)b

私見

このように、多くの人が

杉浦さんの声、素敵

と言っています。

その要素は、上品で落ち着いた声だと思います。

主人公の“あさ”は、おてんば娘で、決して上品であるとは言えません。ですが、そんな彼女をまるで暖かい母親のような目線で見守り、物語の語り部をされているから、すごくしっくりきているのだと思います。

もし、「あさが来た」に杉浦さんのナレーションとしての声がなければ、ドラマを観ていて、どこかぎこちなく映ってしまうと思います。

私たちは、あの声があるからこそ、ホッとしながら主人公ヒロインの“あさ”を暖かく見つめることができるんだと思います。

素敵なお仕事をされていますね♪

 - あさが来た

スポンサーリンク2

スポンサーリンク


スポンサーリンク3




ソーシャルボタン

  関連記事

関連記事はありませんでした